「進化した羽田空港」というよりは私が浦島太郎だった

スポンサーリンク
進化した羽田空港に浦島太郎状態だった私日記ブログ
進化した羽田空港に浦島太郎状態だった私
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

進化した羽田空港に浦島太郎状態だった私

仕事の関係で10月〜11月にかけて日本を飛び回っていた。

埼玉県から始まって最終的には福岡県まで回る予定です。

具体的には・・。

  • 埼玉県(地元ですが一応は出張)
  • 千葉県
  • 静岡県
  • 京都府
  • 北海道(飛行機)
  • 宮城県 ←現在
  • 新潟県
  • 大阪府
  • 香川県(飛行機)
  • 広島県
  • 兵庫県
  • 福岡県(飛行機)

この2ヶ月間は、会社に行くよりもほぼ出張で飛び回っていた。

仕事の中でも出張はプレッシャーも感じるが、いつもと違う気持ちになれるので、ストレス解消にも良いものです(だとしても短期間の集中しすぎ)。

交通の手段は、新幹線を基本的に利用するが、流石に北海道や九州は飛行機で移動するのが普通です(会社のルールとしては、近場であっても妥当な理由があれば飛行機でも構いません)。

ということで十数年ぶりに飛行機に乗りました。

娘の飛行機代が無料だったころ、帰省のタイミングで飛行機に乗ったのが最後でした。

飛行機に乗るぞ

十年ひと昔というだけあって、浦島太郎状態です。昔と違ってものすごく便利なっていて驚きの連続でした。

特に驚いたのが以下の「Skipサービス」です。

ANA国内線の搭乗スタイル「スキップサービス」 | ご旅行の準備 [国内線] | ANA
【ANA公式サイト】ANA国内線の搭乗スタイル「スキップサービス」。国内線でのご旅行の準備に関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

手続きの簡略化(Skip)

搭乗プロセス昔の手続き今の手続き
予約・購入・座席指定WEBWEB+QRコード発行
チェックイン搭乗券に切り替えチェックインSkip
保安検査場検査(搭乗券を見せる)検査(QRコードをかざす)
搭乗口搭乗(搭乗券を通す)搭乗(QRコードかざす)

Webで予約をすることは昔と変わらない。

しかし最近ではチケットレスというだけあって、予約画面にQRコードが表示され、iPhoneのWalletに追加すれば、面倒な手続きはすでに終わってます。

これで本当に飛行機に乗れるのか、ものすごく不安なくらい・・。

さらに飛行場では面倒な搭乗券への交換もなく、保安検査でQRコードをかざすだけです。

私は利用しませんでしたが、荷物カウンターもQRコードのみで終わるんでしょうね。

荷物カウンターも昔はタグをつけていましたが、今は未来感を感じさせるような機械に荷物を放り込む感じのようです(娘が小さい頃だったら入りたがるでしょうね)。

搭乗口

スマホ時代に合わせて、スマホを充電できる環境もバッチリ準備されてます。

特に驚いたのは、100Vの電源だけではなくUSBの差込口も準備され、出張者にとってはいたせりつくせりです。

出張中はバッテリーの消費をできるだけ抑え隙があれば充電したいですからね。空港の空き時間に充電ができるようになってました。

私たちの気持ちをガッチリ鷲掴みされました感じを受けました。

飛行機に乗るまでの時間

とにかくチケットレスは強力です。

iPhoneのWalletにチケットとなるQRコード追加しておけば、Suicaのような感覚で飛行機に乗れるんです。

iPhoneにも出発が近い(GPS・搭乗時間かな?)と自動的に通知され、乗り遅れないような工夫もされてます(ここはIOSの恩恵ですけどね)。

ここまでくると、飛行機に乗るまでの時間もかなり短縮できます。

昔だったら、飛行機に乗るまでにいろんな手続きがあり、最低でも1時間前に空港につき準備する必要があった。

しかしチケットレスのおかげで、荷物を機内に持ち組むのであれば、最低15分あれば十分間に合います。

私の場合はQRコードでどこまで行けるのか・・。はたまた途中で「●●手続きが終わっていない」など指摘があるのか心配でした。

結局2時間前には羽田空港(搭乗口)に到着して、時間を持て余していた。

大通公園はクリスマス準備中

新千歳空港から札幌に移動した。

札幌では「嵐」のドームコンサートで盛り上がってました(二宮さんご結婚おめでとうございます)

また、大通り公園ではクリスマスの準備が進められていました。

クリスマスの大通公園は、幻想的な空間へと我々を楽しませてくれるんでしょうね。

私が一番大好きなクリスマスまであと少しです。

Winter,again

いつか二人で行きたいね雪がつもる頃に、生まれた街のあの白さをあなたにも見せたい。逢いたいから、恋しくて、あなたを思うほど。寒い夜は、まだ胸の奥、鐘の音が聞こえる。

後半は、中国・四国・九州方面で1回目は終了します(えっ、1回目?)。

4+
プッシュ通知を
この記事を書いた人

埼玉県在住、謎解き好き・レゴ好き・家族を愛する一児の父です。主に休日にブログ更新しています。よければフォローお願いします。

刹那をフォローする
スポンサーリンク
日記ブログ
スポンサーリンク
** ささやかな気持ちでシェア **
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
刹那は「オレンジリボン」サポーター登録しています。
幼児・動物の虐待がなくなりますように!
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

  1. masakirio より:

    おはようございます。
    出張が続いてるのですね。お疲れさまです!
    飛行機、ずいぶん便利になったんですね~?チケットレスとは。
    荷物を入れる機械がカッコいいです。今はそんな感じなんですか(*^^)
    まだまだ出張があるようですので、気をつけてお出かけくださいね。

    1+
    • 刹那 より:

      りおさん。コメントありがとうございます。
      最近は空港自体が未来感が満載ですね。
      それにしてもスマホで始まってスマホで終わることに恐怖も感じました。バッテリー切れは当然ですが、スマホが紛失したり故障するとどうすることもできなくなるのがちょっと怖いです。出張先の住所もマップアプリに入れただけなので、たどり着くことも困難ですからね・・(今ではお金より大事なものです)。

      1+
  2. 天機 より:

    すごく時代が進歩したのを感じる記事でした٩(ˊᗜˋ*)و
    天機はじつは、海外旅行に行ったことがないだけでなく、
    飛行機にも生まれてから1度も乗ったことがないのです。
    手続きがそんなに簡便なら、乗ってみたい気もしますね。

    1+
    • 刹那 より:

      天機さん。コメントありがとうございます。
      飛行機に乗らなくとも空港に行けばいろいろと楽しめるかもしれませんよ。私は函館出身ですが、子供の頃に函館空港に遊びに行ったこともありました。私の初飛行機は高校の修学旅行が初めてでしたね。

      1+
タイトルとURLをコピーしました