ハッピーセットの「おもちゃのお金」で自作モノポリーを作って遊ぶ

スポンサーリンク
自作モノポリー日記ブログ
自作モノポリー
この記事は約2分で読めます。

昨日のハッピーセットの続きですがモノポリーを自作してみた。

Amazonで買った方が良いかもしれないが、自作モノポリーでも十分楽しめる。

この系のボードゲームの自作で、一番問題になるのは紙幣の準備である。今回のハッピーセットで十分遊べるほども「おもちゃのお金」を手に入れたので、あとは簡単に自作ができる。

モノポリー ボードゲーム
なにわ名物いちびり庵
¥ 5,184(2019/07/15 19:37時点)

アフリィエイトを貼っておきます(購入できます)。

スポンサーリンク

自作モノポリーの挑戦

メインのボード作成

下図のようなマス目をパソコンで作図し、ダンボールに貼り付けた。

盤面は4辺の四角形になるように準備をして「止まったの商品名と金額を記載」しておく。

バランスが重要であるが、最初の1辺は1G、次の2辺は2G、3G、4Gとした。お金はハッピーセットのお金を使用して、サイコロ、コマは適当に・・・。

商品名は「自分が欲しいもの」や「行きたい国」「ディズニーランド」「ミラコスタ」「スキー」などである。

同一色のエリアを制覇すると2倍の金額の支払いになったり、ブロックで家を立てたりなどなど、工夫やルールは無限大だろう。

チャンスカードの準備

チャンスカードはトランプで代用、あらかじめハートの1から10・スペードの1から10の20枚を準備しておく。

ハートの5は「●●をもらう」とか、スペードの8は「刑務所へ」など、文言を記載しておく(写真中央を参考に)。

作成時間は1時間程度で完成する。

5回ほど遊んでみたが、子供の一人勝ちとなった。お金が増えるのはだれでも楽しいです。

札束を数えて楽しく遊そんだ(購入したものは無く0円です)。

マス目で購入する商品名は、ある程度思い入れもあるため白熱できます。

ちなみに「おもちゃのお金」は100均でも売ってます。

皆さんもいかがでしょうか?

最後に本物のモノポリーは以下のような盤面です(参考までに)。

0
プッシュ通知を

この記事を書いた人

埼玉県在住、謎解き好き・レゴ好き・家族を愛する一児の父です。主に休日にブログ更新しています。よければフォローお願いします。

刹那をフォローする
スポンサーリンク
日記ブログ
スポンサーリンク
** ささやかな気持ちでシェア **
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
刹那は「オレンジリボン」サポーター登録しています。
幼児・動物の虐待がなくなりますように!
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

タイトルとURLをコピーしました