在宅ワークが終わった!来年のオリンピックは休みを認めても良いのでは?

スポンサーリンク
在宅ワークが終わったが休みを認めても良いのでは?家族エピソード
在宅ワークが終わったが休みを認めても良いのでは?
この記事は約2分で読めます。

2020年のオリンピックの事前練習として、2019年は7月〜9月で在宅ワークが推奨されていた。

  1. 7月24日は基本的に在宅ワーク
  2. 指定期間中は5日の在宅ワーク(実施日は自分で決める)

会社からは上記2点について実施するような指示を受けた。

在宅ワークが終わって

2項は自分で設定するため、7月と8月の金曜日は休みではなく「在宅ワーク」として設定していた。

しかし、実際には難しいですね。

社内の打ち合わせは日程を調整しても良いが、全員が在宅ワークを設定しているので、打ち合わせ設定が難しい。

また、お客様との打ち合わせを別の日にすると、後々自分に跳ね返ってくるので、優先して打ち合わせをした方が都合が良い。

さらに私が務めている会社は、有給の切り替えが10月1日なので9月末は有給消化のため休みが多くなってしまう。

さらにさらに、トドメに5日の夏休みがあるといった感じである。

こんな状況だと夏の期間は会社に出社する日が極端に少ない。

具体的に私の8月は以下のようになりました。

会社に出社する平日を20日として考える。

  • 在宅ワークで4日(金曜日)
  • 夏休みで5日休み
  • 有給消化で2日休み(自分で設定)

こんな状況だったので11日(4+5+2)は出社していないことになる。

在宅ワークは休みではないが、少しは遊んじゃうよね(ブログネタ考えちゃうよね)

普通に娘は夏休みなので、私が家にいれば家族全体が休みモードになるよね・・。

8月の上旬の時である。

娘

明日は買い物に出かけたい!

私

パパは外出できないよ。

妻

外出した方がお昼の心配しなくていいから外出しようよ。

私

パパは在宅勤務だから外出はできない。

娘

えっ!そうだったの?

 

いつも家にいから夏休みだと思ってた。

普通はそう思うよね・・・。

来年のオリンピックはさらに厳しく在宅ワークが設定されるが、「在宅ワーク=休み」としても良いのではないだろうか?

1+
プッシュ通知を
この記事を書いた人

埼玉県在住、謎解き好き・レゴ好き・家族を愛する一児の父です。主に休日にブログ更新しています。よければフォローお願いします。

刹那をフォローする
スポンサーリンク
家族エピソード
スポンサーリンク
** ささやかな気持ちでシェア **
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
刹那は「オレンジリボン」サポーター登録しています。
幼児・動物の虐待がなくなりますように!
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

  1. masakirio より:

    刹那さん、おはようございます。無事メールが届きました。お騒がせしました。
    ホント申しわけないです(^人^)
    在宅ワークってオン・オフが難しいんですよね?プラス奥さまは食事の心配もありますね・・
    食事の心配って、頭から離れないものだし、できれば手間を取りたくないし。
    奥さま目線で考えてしまいますが(^^;)、それならいっそ休みにしてほしいと思いましたよ~

  2. 刹那 より:

    りおさん。おはようございます。コメントありがとうございます。
    無事にメールが飛ぶようになってほっとしました(というか諦めてました)。
    在宅ワークが今後さらに多くなって、サラリーマンの仕事の形態も変わってしまうんでしょうね。地獄の通勤ラッシュとかも緩和されて、お客様との打ち合わせもPC状の電話会議とかで完結し、上司への業務報告で終わる。世の中は物流は必要だけで、人間の移動は不要になるんでしょうね(数世紀後は・・)。まっ宇宙規模からみたら瞬間のお話ですけどね・・。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました