「ネットワーク制限を△へ」罪を認めろドコモ以外に犯人はいないだろ!

スポンサーリンク
日記ブログ
ドコモの犯罪
この記事は約4分で読めます。

私のiPhoneはApple純正のSIMフリー端末です。

私のAppleから購入した純粋なSIMフリー端末に対し、ドコモは何の権限もなく「ネットワーク利用制限”△”」をつけていた事実を公開します。

2017年10月1日のお話ですが、iPhone8購入に伴いこれまで使用していた、iPhone6を量販店(B社)へ下取りに出しに行きました。

査定結果ですが、何と・・。

「ドコモでネットワーク制限”△”のため査定ができない」とのことでした。

私はすかさず「はあ?Appleストア純正のSIMフリーなんですが?」と、確認を求めました。

B社店員も「はい、念のため動作を確認しました。△ですが、実際はSIMフリーの動作をしてます。私も変だな?と思い、ネットの情報ですが参考までにお渡しします」

と、”ネットワーク制限の問合先(電話番号)”のプリントをいただきました。ご丁寧な「神」対応に関心しました。

ドコモ(docomo)の端末のネットワーク利用制限を○(まる)にする方法
ドコモ(docomo)の端末のネットワーク利用制限を○(まる)にする方法 ドコモのスマートフォン、携帯端末は一…
スポンサーリンク

最低なドコモの実態

ズサンなショップ店員

「人の財産に泥を塗るな!」と直接文句を言いたかったので、ドコモショップに行きました。が、ドコモショップの店員は、全く持って無責任でクズですね。

ショップ店員「ショップでは対応できない、△は△としか言えない、ドコモから購入していないのであれば尚更回答はできない」

と、確認もせずに高慢な態度を取られました。

こちらもクズとは話にならないので、冷静に問合せ先を求めたところ「総合ヘルプ」を案内されました。

が、その際にも「総合ヘルプでも対応が無理だとは思いますけどね」と、釘を刺したつもりかもしれませんが、対応できないと思うところを案内してどうしたいんだ!

お前は馬鹿か?とクレームはどんどん高くなっていきます。

想像ですが「他社で購入したものをSIMフリーにしろ!」と言いがかりをつけてきたと、思われたかもしれません。

ですが、それを言うのであれば、事実確認(IMEI番号で確認すれば数分で終わる内容)をするのがあたりまえではないでしょうか?

総合ヘルプはおまえの保護者か!と思いました。

ショップ店員:「パパ、何か文句を言っている人が来たから黙らせて!」というつもりなんでしょうかね。

 総合ヘルプへクレーム

ドコモのルール上「総合ヘルプ」が対応する可能性もあるので、裏取りのため家に帰り、総合ヘルプに電話をしました。

が、想像どおり音声案内は出ますが、オペレータには繋がりません。

怒りが高まる中、B社から貰ったプリントの電話番号に電話をした。

こちらは、すんなりオペレータが応答されました。

事情を説明しIMEI番号を伝えました。

しばらくして・・・。

ドコモ「申し訳ありません。間違いなくSIMフリーなので”○”が正しいです。1時間ほどで直させていただきます」と低姿勢で丁寧な対応です。

あまりにもスムーズな対応だったので、クレームを言う暇さえなかったです。(実例が多数あるんでしょうね)

結果的に正しくなりましたが、改ざんにより人の資産価値を下げたことは、りっぱな犯罪です(改ざんとは悪意・過失にと問わないです)。

ドコモの公式サイトにもクレームをしました。が、マニュアル的な私個人への謝罪で終わりました。

誠意ある謝罪であれば、そのことを公にしなければいけないと思う。多分そのまま隠蔽するんでしょうね。

罪を犯したた意識が無いのか、バカのふりなのか分かりませんが、クズがiPhoneという武器に手にしたら、このようになったのでしょうね(クレームのやり取りメールは永久保存版です)。

AI以下のショップ社員

また、ショップ店員を言われていたことが、全て嘘であることも確定しました。

私の部下でこのような事実が判明したら、「お客様の前でバケツを持って一週間立ってろ」と言います(もちろん両手に水は満タンで)。

IOTなどこれからの未来を支え、高度なビジネスを行う企業ですが、直接お客様と接する部門がこれでは・・・。

まずは自分を支えなさい。

昔、auの店員も説明不足なことがあり、クレームしたことがありましたが、ここまではひどくなかったです。

クズ店員「パパ!やっぱりこの人文句言ってるから追い返して!」(笑)

0
プッシュ通知を
この記事を書いた人

埼玉県在住、謎解き好き・レゴ好き・家族を愛する一児の父です。主に休日にブログ更新しています。よければフォローお願いします。

刹那をフォローする
スポンサーリンク
日記ブログ
スポンサーリンク
** ささやかな気持ちでシェア **
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
刹那は「オレンジリボン」サポーター登録しています。
幼児・動物の虐待がなくなりますように!
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

タイトルとURLをコピーしました