消費税10%に合わせてPayデビュー!楽天Payを選択した理由

スポンサーリンク
消費税10%に合わせてPayデビュー!楽天Payを選択した理由日記ブログ
消費税10%に合わせてPayデビュー!楽天Payを選択した理由
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

●●Payが騒がしい

10月1日からの消費税10%に伴い●●Payが騒がしい。

消費税が8%から10%に増税されたが、電子マネー利用の場合は「ポイント還元」を受けることができるからです。

この盛り上がりは数年ほど前にApplePayがリリースされ、IOSでも電子マネーが使えるようになった時よりも騒がしい。

電子マネーの整理

電子マネーは以下の分類に区分ができる。

  • 非接触型(NFC):Suica、ApplePay(Suica・iD・QuickPay)
  • QR(QRコード):PayPay・LinePay・楽天Pay、メリPayなどなど

とにかく電子マネーが普及すると、煩雑なお金の管理から解放されるのでメリットが大きい。

電子マネーのメリット

  • 物理的な管理(補充・製造)が緩和。
  • コンピュータで管理が容易。
  • 人間によるお釣りなどの計算が不要。
  • 自動販売機などお金管理の構造が不要。
  • お金が電子化されている実態がなくても流通可能。

電子マネーのデメリット

もちろんデメリットもない訳ではなく、何と言ってもセキュリティである(弱いという意味ではない)。

ただでさえ国民は、電子マネーのセキュリティに不安を持っている。

そんな時にセブンPayは大きなセキュリティ問題を起きてしまった。

セブンPayは二度と復活できないほどダメージを受け、一気に電子マネーへの不安を高めてしまった(経済的効果はものすごい)。

電子マネーの盛上がり

(20%盛上)AndroidのNFC実装(Suicaなど)で電子マネーの口火を切る。

(30%盛上)ApplePayのNFC実装(Suica・iD・QuickPay)で電子マネーに拍車がかかる。

(60%盛上)QR決済陣営(●●Pay)で大々的なキャンペーンで電子マネーが最大限に盛り上がる。

(20%盛上)セブンペイでこれまでの蓄積を一気に消し去ったといっても言い過ぎではない。

(30%盛上)消費税10%にともない電子マネーが小さく復活している。←今はここ!

(数字は私の偏見です)

「楽天Pay」と「PayPay」の検討

どのPayが有利なの?

さてここで普通ならば5%還元はどのような購入が得なのか?

上記のようなブログがトレンドなんでしょうね。

私も記事を書いてみたいが、複雑すぎて全く理解ができず辞めることにした。

お得な使い方云々の前に、電子マネーの「ポイント還元5%」って、どのように還元されるの?という疑問から始まり前に進まない。

レシートではどうなるんだろう。

商品(100円)+消費税(10円)~ポイント還元(5円)=105円請求なのか?

商品(100円)+消費税(10円)=110円請求、●●ポイント還元(5ポイント)=これはどこのポイントなの?

例えば楽天Payのポイントでいうと、楽天スーパーポイントに還元されるのか?

ポイント制度を持っていない電子マネーだってありそうだ。

こうなってくると全くもって理解しがたい。

噂ではPayPayが断然有利という状況だそうであるが、実際はどうなんだろうか、いかなる条件下でPayPayが有利といえるのかは怪しいと考えている。

ターゲットにしたPay

ということで、私のブログでは皆さんが知りたがるようなブログではなく、私が選んだPayについて説明したい。(参考になれば・・)

私もどのPayをターゲットに使用するべきか考えて見た。

まずは普通に比較であるが、検索すれば簡単に比較表がでるのでここでは省略する。

PayPay、楽天ペイ、LINE Payを比較。還元率で考えたらQRコード決済は何Payを使うべき?
【2019/10/2最終更新】多くのアプリが乱立しているQRコード決済サービス。結局どれを使えば1番得するのか?代表的な3つ「PayPay」「楽天ペイ」「LINE Pay」を比較して考えてみました。

私は以下のような比較を行った(偏見の塊による比較かもしれない)。

妻と私の共通的なお店は「セブンイレブン」と「セイムス」である。

元々はセブンPayをターゲットにしていたが、あのような問題を起こしてしまったことで、二度とセブンPayは候補すら出てこないだろう。

検討対象のPayサービスは「PayPay」と「楽天Pay」である。

私はもともと楽天ポイントを貯めていて7万ポイントは溜まっている(iMac購入のために貯めている)。

妻の使用パターン

セブンイレブン、イオン、ヨークマート、イトーヨカドー、セイムスが中心である。

私の使用パターン

セブンイレブン(昼食)、セイムス(お酒)

これを見るとPayPayが全店舗対応しているため圧勝となる(楽天Payはセイムスのみ)

しかし、現在Yahooサービスを利用していないため、不必要にクレジットカードを作るのを嫌った(我が家では楽天クレジットカードがメインカード)。

セブンイレブンで楽天Payが使えれば一番シンプルと考えていた。しかし、セブンイレブンでは楽天Payが対応していないはずです。

・・・

・・・しかし・・・

・・・

私が楽天Payを選んだ理由

本日改めてPay検討するにあたり、Webを調べていたら解決する記事を見つけました。

「セブンイレブン 10月1日から楽天Pay解禁」

なんてことはない・・・。

セブンイレブンで楽天Payが利用できるようになれば、必然的に楽天Payで十分である。

理由1:我が家でメインで使用するお店で使用できる。

また、楽天ポイントには、通常ポイントの他に期間限定ポイントがあり、毎月500円程度たまっていて、効率的な消化方法に苦しめられていた。

この期間限定ポイントは「楽天市場」以外では使用できないため毎月無駄に捨てていた。しかし楽天Payの支払いでも使用するため効率的な消化ができる。

理由2:無駄となっていた期間限定ポイントを効率的に消化できる。

この2点から我が家は楽天Payに確定となった。

細かく計算するとPayPayが得なのだと思うが、ざっくり感で親しみが強いのが楽天Payであった。イオンやイトーヨーカドーとかも楽天Payが対応してくれることを期待している。

楽天なだけにカスタマーが弱そうですけどね・・。

刹那
刹那

三木谷さんへ

まだまだユーザ視点が足りないかと・・思います。

 

3+
プッシュ通知を
この記事を書いた人

埼玉県在住、謎解き好き・レゴ好き・家族を愛する一児の父です。主に休日にブログ更新しています。よければフォローお願いします。

刹那をフォローする
スポンサーリンク
日記ブログ
スポンサーリンク
** ささやかな気持ちでシェア **
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
刹那は「オレンジリボン」サポーター登録しています。
幼児・動物の虐待がなくなりますように!
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

  1. masakirio より:

    おはようございます。
    何何Payって、すごくたくさんありますよね~
    刹那さんの楽天Payも、スマホを使うのですか?
    イマイチわかってないのですが、たくさん種類があって
    コンビニなどの店員さんは混乱しないのかな?
    とか思ってしまいます(^^;)

    • 刹那 より:

      りおさん。コメントありがとうございます。
      私はスマホの楽天Payに絞りました。最近は財布を忘れて会社に行っても困るケースが減りました。家に帰ってから「あっ財布忘れてた」というケースもあります。
      確かにコンビニの店員さんは過酷ですね。店員さん側もレジの操作なしで決済できることを望まれているでしょうね。

  2. 天機 より:

    やっぱり、自分が普段行っているお店とか、利用しているサービスとかいった
    観点から整理してみると、
    スムーズに答えが出せそうですね( *´艸`)
    自分は現代文明から取り残されており、いまだにスマホも持っていないのですが、
    キャッシュレス化によって、
    社会全体でのコスト低減が可能になりそうな点は、評価しています。

    • 刹那 より:

      天機さん。コメントありがとうございます。
      PAYで盛り上がっていますが、結局いくら比較してもキリがないので、単純な発想で決めました。
      スマホ使われてないんですね。スマホを持っているだけで人に迷惑をかけている感もあるので、本来は持たない方が良いかもしれません(持論ですが・・)。

  3. for-mom より:

    まだPay未経験です。たくさんありすぎるし、よく分からない^^; でも還元、還元と聞くと気になる。

  4. 刹那 より:

    for-momさん。コメントありがとうございます。
    還元に命をかけてますよ。たかが数%でもお金は安いに越したことはない。「ポイントがつかない買い物はいたしません」宣言してます。現金はいつかなくなるでしょうね。今日も400円のお弁当をセブンイレブンで買いました。
    お弁当(370円)+消費税(29円)=399円
    ポイント還元−7円でした。合計=397円
    (楽天Payでもポイントがプラスされるはず)。7円でも浮いて嬉しい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました