自己啓発の資格取得「Cloud Essentials」

スポンサーリンク
サイト運営
自己啓発「Cloud Essentials」
この記事は約2分で読めます。

はじめまして、本サイトでは私の休日の過ごしたを紹介をしていきたいと思います。

主に、オリジナルレゴとリアル謎解きの参加状況がメインとなりますが、家族と過ごしている面白いエピソードも紹介していきます。 よろしくお願いおねがいします。

スポンサーリンク

Cloud Essentialsの資格取得

本日は資格取得のため、「Cloud Essentials」という試験を受けに行きました。

最近流行っているクラウドコンピュータ概念の初歩レベルの資格だそうですが、自分にとっては大変でした。

勉強の仕方

過去問題を繰り返し記憶し100点は取れるようにしました。

が、実際の問題は内容は同じでも微妙に出題が変わるので、見たことが無い問題に見えて結構あせります。

50問の出題で40問が合格ラインです(持ち時間は1時間)。

試験会場には30分前に到着し手続きを終わらせます。

受付の方が「すぐにできますが、時間までお待ちになりますか?」と聞かれ、暗記したものがこぼれ落ちる前に終わらせたかったので、すぐに受けることにしました。

試験開始です。

想像通り見たこともない問題ばかりです。

なぜかPCの字体が変わるだけで問題も変わったように見えますよね。

まずは、記憶したものを吐き出す勢いで直感的に回答をします(時間にして10分)。

PCの字体にも慣れ(笑)落ち着いてきたとこでもう一回見直しです。

最初は意味がわからなくて飛ばした問題も正確に判断できた感じはあります。

実は、丸暗記といってもキーワードは頭に残っているので理解してはいないのですが、よく読み落ち着いて頭の記憶のキーワードと比較をしながら回答することができるのでそれなりに丸暗記の効果はあります。

4問ほど何度も読み直しても意味がわからなく悩みました。残り時間は10分です。

「もういいや確率勝負」とともに「回答終了」ボタンをクリック・・・・。

結果は「合格!」。

よかった・・・、月曜日会社に出社できる。

CompTIA Cloud Essentials | ADDITIONAL PROFESSIONAL|CompTIA JAPAN (コンプティア 日本支局)
CompTIAは、1982年、IT業界の要請により米国シカゴで発足した非営利のIT業界団体です。ネットワーク、セキュリティ、クラウドといったIT業務分野の実践力/応用力を評価する「CompTIA認定資格」をグローバルに展開し、200万人以上に取得されています。
0
プッシュ通知を
この記事を書いた人

埼玉県在住、謎解き好き・レゴ好き・家族を愛する一児の父です。主に休日にブログ更新しています。よければフォローお願いします。

刹那をフォローする
スポンサーリンク
サイト運営
スポンサーリンク
** ささやかな気持ちでシェア **
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
刹那は「オレンジリボン」サポーター登録しています。
幼児・動物の虐待がなくなりますように!
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

タイトルとURLをコピーしました