SIMロック解除義務化が決まり、不適切企業にメス

スポンサーリンク
SIMロック解除義務化が決まり、不適切企業にメス日記ブログ
SIMロック解除義務化が決まり、不適切企業にメス
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

SIMロック解除促進

auのSIMロック端末は解除ができるのか

中古ショップやオークションで購入したスマホやタブレットは、SIMロックがかかっている場合がある。

SIMロックされている端末は基本的に、下取りに出すことができない(引き取ってもらえない)。

一言で言うと価値が無いデバイスということだ。

知っていながら、auのSIMロックがかかっているiPadminiを、中古ショップで購入してみた(激安なので)。

ネットで調べたところ、au端末は契約者以外の中古端末でも、SIMロックは解除ができるようなブログをみたのだ。。

しかし、実際にショップに持っていくとSIMロックは解除してはくれなかったのだ。

ネットでの情報と食い違っているので、クレームを入れたい気持ちはあったが、ネットの話なので潔く引き下がった。

が、ショップの店員は200%信用していないため、念の為、総合ヘルプに問い合わせを行こなった。

中古デバイスのSIMロック解除は可能だが、契約本人からの申し込みという条件が必須だ。

ネットの情報ですからね、何らかのニュアンスが違っているようである。

騒いでもしょうがない。

不要になったら購入した中古屋に下取りをしてもらえるように、購入したレシートは取っておくことにしている(ダメ元ですけどね)。

と、このように諦めていたのだが、須賀官房長官がやってくれました。

SIMロック解除義務化

総務省より「スマホのSIMロック解除の義務化」です。

内容を読むと私のように中古ショップやオークションで購入したデバイスで、契約者以外でも解除させるための義務化です(待ってました)。

2019年9月になったら早速iPadmini4のSIMロック解除をしてきたい。

解除した時は改めてブログで報告させていただく。

断ってきたらクレーム砲で撃ち落としてやるぞ!

不適切企業な3大キャリア

そもそもドコモ・au・SBのSIMロックを解除拒否に正当性がない。

端末購入代として支払い完了したのであれば、資産はユーザのものである。にも関わらず、SIMロックをかけて、そのデバイスを他キャリアでしようできないようロックをかけている。

特にApple製品は中古でも価値は高く、同キャリアであれば4万円の価値があるとしても、他社キャリアであれば0円となってしまう。

SIMロックは人質と同じ

キャリアの端末代金を払い終わっても、キャリアの縛りをつけるのって、人質を取られているのと変わらない。

これがどれだけ倫理上不誠実なことをしているのか自覚してほしいものである。

総務省、中古スマホのSIMロック解除を大手キャリアに義務付け!2019年9月から
  総務省は、中古品として販売されているスマートフォンのSIMロック解除に応じることを大手携帯キャリアに義務付けるほか、「4年縛り」について利用者への説明を義務付けることを発表しました。 携帯キャリアに中古端末

ほらね、総務省からも指導が入ったでしょ。

ざまみろ!と叫びたい。

いままでの無礼の数々に誠実に詫びてもらいたいほどだ!この詐欺集団。

私はこのSIMロックをしている制度が大嫌いだったので、Appleから直接SIMフリーを購入することを基本としている。

ドコモOBからもクレーム

ちなみにドコモのiモードの開発者の夏野さんからも、このような記事が出されている。


このような販売方針をみてもキャリアや販売店、代理店など携帯会社全体の品質が悪いことを表している。

同会社のOBからこのような指摘をされ、恥をしるべきではないだろうか。

悪意がないのは理解できるが、道徳や倫理に反している事は理解して欲しい。

最後にいつもの・・

ちなみに私は悪意のある、詐欺のような対応で驚かされたことがある。

ここでいつもしつこいが、私のAppleのSIMフリーですらドコモが勝手にネットワーク制限をかけられたことがある。

そしてショップの対応も含めて不適切企業NO1そのものである。

「ネットワーク制限を△へ」罪を認めろドコモ以外に犯人はいないだろ!
私のiPhoneはApple純正のSIMフリー端末です。 私のAppleから購入した純粋なSIMフリー端末に対し、ドコモは何の権限もなく「ネットワーク利用制限”△”」をつけていた事実を公開します。 2017年10月1日のお話です...

ドコモが罪を認め「不適切企業」として自覚をするべきだ。

0
プッシュ通知を

この記事を書いた人

埼玉県在住、謎解き好き・レゴ好き・家族を愛する一児の父です。主に休日にブログ更新しています。よければフォローお願いします。

刹那をフォローする
スポンサーリンク
日記ブログ
スポンサーリンク
** ささやかな気持ちでシェア **
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」
刹那は「オレンジリボン」サポーター登録しています。
幼児・動物の虐待がなくなりますように!
MYSTな休日(休日の過ごし方)

コメント

タイトルとURLをコピーしました