!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

「砂糖顔」にも悩みがある。老けてみられるよりは、若くみられた方が良いが・・。



砂糖顔=童顔

最近は童顔のことを「砂糖顔」と呼ぶらしいですね。

と言うことで、私も童顔と言われますが、「可愛い」とは異なる砂糖顔です。


もちろん、老けてみられるよりは、若くみられた方が良いに決まってはいるが、極端に童顔だとちょっと引いてしまいます。


当ブログでも、私が若くみられた事例として紹介したことがあります。

結婚してマンションを購入し、NTT工事の立ち会っている私を見て「ご両親は?」と聞かれたことがあるんです。

私「私がお父さんです」と気まずい空気になった。


なんでハイスクールボーイが居るんだ

まだ若かりし28歳の頃だったと思う。

仕事の関係で、アメリカのニュージャージーに4ヶ月ほど滞在したことがあるんです。


周りの人はアメリカ人だけではありません。インド、スリランカ、アメリカ、日本(我々です)と6人ほどでチームを作って仕事をしていました。


最初の自己紹介です。


辿々しい英語で(セリフはカンペです)自己紹介をしたのですが、周りはざわめき始めました。


その中の男性の一人が一言

外国人

「Hey you!Why are there high school boys?(なんでハイスクールボーイが居るんだ)」



その時のオーバーアクションで両手を上に上げたシーンは、今でも私の心の中で焼き付いています(正直怖かったです)。


アメリカ滞在で一番困ったこと

そうそう、この4ヶ月の滞在期間中で一番困ったことがあったんです。

大抵のことは事前に調べていたので、仕事や食事の生活でも困りませんでした。


想定していなかったこととは・・。


それは・・。

・・・

・・・

・・・

「散髪です」


髪型は拘ってはいませんが、どのようにされるのかが怖くて、「ぼっさぼさ」になりました

(4ヶ月は長い)。


また、私も若干ノイローゼ気味になり、寝言を英語で喋ったと先輩が言ってました。

その時の寝言とは・・。

「YES、NO、Thank you!」


もうちょっと長く滞在したら、倒れてました(あぶねーー!)。


新入社員の条件

会社員としては中堅の時だった思う。

新入社員(女性)と一緒にお客様に同行することになった。


新入社員は営業担当、私はシステムエンジニアです。

その新入社員はお客様とのアポを取る際に、失礼にならないようにと「新入社員も一緒に伺いますのでご了承ください」とお話をしていたようである。


そして私と新入社員は、お客様宅へ伺い仕事を終えた。


「・・・となるシステムです。」



お客様

「ご説明ありがとうございます。社内で検討してみます。」



新入社員

「お忙しいところお時間をいただきありがとうございました。」



お客様

「ところで、電話で新入社員が同行すると伺ってましたが、どちらが新入社員ですか?」


新入社員

えっ!私ですが・・・新入社員に見えませんか?




彼女は彼女で私より老けて見えると思い、悩まれ。

私は私でシステム説明の説得力が幼かったのか・・。と悩みました。


その後、お客様から無事に受注の連絡はありましたが、「試合に勝って、勝負に負けた」感が漂う仕事だったと記憶しています。


こんな私ですが今はすっかりおじさんです。

こんな私ですが今ではすっかり年寄りに扱われる(後輩にも席を譲られ・・。全く知らない子供にも席を譲られたこともある)。


でも、肌年齢はピチピチしていて、可愛い「エクボ」は健在です。


人間は若くみられていた方が充実してますね(ちなみに特別な顔のケアはしたことはありません)。

年末挨拶

さて今年もあと少しです。ブログの投稿も本年最後にしようかと考えています。

来年の投稿予定の記事は・・。

  1. 2021年の祝日チェック(Googleからのお年玉)

  2. スキーイベント

  3. ウィルスバスター HomeNetworkのレビュー

  4. スマートホームについて(新ネタなるかな?)

  5. 56年前の犯人:鉄道探偵(謎解き)

本年は大変お世話になりました。来年も引き続きよろしくお願いします。

ちょっと早いのですが・・・・「ゴーン!」


閲覧数:2回0件のコメント