!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

トイレ事件!娘と一緒に泣きながら誓ったあの日を絶対に忘れない


娘がまだ小さくて、一人では何もできないとき。

たしか2・3歳くらいだったと記憶している。


誓ったあの日


おもちゃを我慢できる子

娘は欲しいものがあっても、我慢をして気持ちを収めることができる子供であった。


おもちゃを欲しがり、駄々をこねるようなことは一切しない。

逆におもちゃを欲しがらないのことが心配で、私が色々と見立ておもちゃを渡していた。


それはそれで喜んで遊んでいた(大量のぬいぐるみがそれである)。


想像ですが娘は「ものを欲しがる=悪いこと」と覚えてしまっているように感じている。


そんな娘が唯一「レジのおもちゃ」を欲しがったのを記憶している。

おもちゃのレジを買いに行こうと決め、おもちゃ屋に行った。しかし残念ながら、ほしがっていたミニーちゃんのレジは売り切れていたのだ。


我慢強い娘もよほど悔しかったのだろう。


目にはジワっと涙をこらえているのが分かるのだ。でも、泣きはしないし、駄々をこねて困らせることはしない。


小さいうちはもっと親を困らせたほうが、安心できたかもしれない。


ある日に事件が

娘と一緒に泣きながら誓ったあの日を忘れない

このように自分で我慢することが、正しいと覚えてしまったがために、とても切ないことがおきてしまった。


トイレに行きたい

いつもと同じく家族3人で遊んでいたときである。

ちょっとした用事で妻と別行動を取り、私と娘2人で大宮をぶらぶらしていた。


娘が一言ささやいてきた。

「パパ、トイレに行きたい。大変だ、漏れそう!」



私は焦った。普段からこのような心構えをしていなかったため、トイレの場所を把握してはいなかったのだ。


娘が必死で我慢しているのが分かる。

SOGOの地下1Fのトイレの場所なら分かるので、娘を抱っこして私は走った。


そしてトイレに着いた。


しかし・・。

残念なことに全部埋まっており、ちょっと待ってみたが開く気配がない。


女子トイレが空いているのか確認する時間もない(どのみち入れないし)。


やばい・・・。そして・・・。


もたもたしているうちに間に合わず、残念なことになってしまった。

・ ・ ・

この時に娘が私に驚くことを言ってきた。

・ ・ ・

「パパ、ごめんね。パパ、ごめんね。」



と言いながら泣いていた。

「えっ」、私は耳を疑う、悪いのは私である。


「しいちゃんは悪くないからね。悪いのはパパだからね」と何度も説明をしたが、娘は泣きながら謝っている。


私は、ものすごい切なさと虚しさと自分への怒りを覚えている。


小さいから分からないこととはいえ、悪いことをしたと思ってしまったのだ!


そんな娘は理不尽にも「ごめんね」という言葉を言っているのだ。


私は娘と二人で「ぎゅっと」抱きしめ合いながら泣いた(もちろん二人ともおしっこまみれである)。


娘に二度とこのように理不尽な「ごめんね」は言わせない。

私は心に誓い、そして二人で泣き続けた。


そして約10年後の娘

あの時から約10年ほど経過して今は・・・。


小さい時は恥ずかしがり屋でものすごい人見知りであったが、当時の面影は全く無い。

とにかく強いの一言である。


おもちゃを欲しがる時期も過ぎ、さらにものを大事にする意識は両親よりも高くなった。

不要なものを買うと私が怒られるのだ!


娘は小さい時から、また今でも手がかからないまま、大きくそして立派になった。

私が娘を叱ったのは幼稚園のときの1度だけだ。


人見知りな性格はどこかに行ってしまい、今は学校でもリーダーシップを取り、先生にも「強い子ですね」と言わせるほどである。

・ ・ ・ ・

でも10年前のあの時のことは私は忘れない。

娘がどんなに強くなっても、娘が覚えていないとしても、


泣きながら誓ったあの日のことは絶対に忘れない。


閲覧数:4回0件のコメント