!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

夏休み直前!自由研究は何にする?我が家の自由研究のテーマ選定



「夏!突入」日本中が夏休み直前です。

娘は小学生の時から、夏休みに入る前に夏休みの宿題を終わらせ、夏休みを満喫するタイプである。

そのため夏休みの宿題がでるのを心待ちにして、「出た!」と同時に片付けてしまう。


日記みたいなものや自由研究などは、終わらせることはできないものもあるが、ほぼほぼ95%は終わらせてしまう。


夏休み自由研究のテーマ選定


さて今年の自由研究は何にする?私と娘の貴重な勉強タイムである。

小学生の時は食べ物の調査が多かった。

日本で売られている「素麺の食べ比べ」や、「米ができるまで」の調査、米の種類や状況による「でんぷんの濃さ」など、食い意地が高いことをアピールしてきた。


中学生の自由研究

中学生になり、もう少し理科や実験的なことを求めてきたので、去年は光と色の調査を行った。

「光の三原色の調査(君は光の涙を見たか?)」とガンダムのフレーズを掛け合わせてサブタイトルも付けた。

  1. 青色ダイオードは何故ものすごい発明なのか?

  2. 実験:光の三原色(赤・青・緑)を使って白色の光を作る。

  3. パソコンで色を表すRGB表記方(Color #777777)の勉強。

  4. 実験:RGBをビット展開してPCでオレンジ色を表示させる。

ということを教えながら、実験を行って喜んでもらった。

そして今年・・・。


去年から候補として考えていた自由研究のテーマがあった。


太陽系の惑星たちと地球との比較

このテーマは地球と太陽系の惑星の比較をして、天体の成分や時間の流れ方の違いから、「もし、海王星に人間が住んでいたら・・」と考察をしてまとめるものだ。


教科書は「まさきりおさん」のブログになります。とにかく宇宙に関する面白ネタが満載です。

はてなのようなIDコールではありませんが、私が日々勉強させていただいているブログです。

ブログ名はダジャレっていますが、宇宙ネタは奥深い内容になっていて「昔は先生でした?」と聞きたいほどです。


また、宇宙の謎の他にも綺麗な宇宙の写真画像もあり面白いです。


「太陽系とか星の勉強ってロマンがあって絶対に面白いよ」



「どんな実験するの?実験で太陽系は作れないからね。」




このように却下された。(ごもっとも!)


プログラミングで数字あてゲーム作成

学校でExcelを勉強していることもあり、娘の将来を意識してExcelの関数を使ってプログラミングの基礎を教えてみたかった。


「プログラムは将来も役に立つし、ゲームっぽいから遊びもかねて面白いよ。」


「どんな実験をするの?ゲームは実験じゃないからね!」




このように却下された。(ごもっとも!)


プリズムを使い光の分解と虹の仕組み

プリズムの実験は、単純に去年の逆のパターンです。

去年は光の三原色から3色の光を合わせ白色を作ったが、今度はそれを分解するというものだ。


去年の自由研究を知っている先生や生徒が入れば、ストーリー性があり面白いと思っているだろう。

「実験の検算」なんて素晴らしい発想で面白いかもと考える。


娘も昨年の流れが生きてくるということで、光をテーマにすることが決まった。


ちなみの候補から外れているが、「過冷却水」を作る実験も面白いと思っている。明日のブログネタとして更新します。


虹の仕組みを理解する実験開始

ちょうど良いプリズムが家になかったので、透明のケースに水を入れて代用した(光さえ屈折できれば虹はできるので)。


実験の内容はシンプルで「光が屈折するように光をあて虹を作る」と、これだけです。


これを深掘りして、なぜ虹ができるのかという観点で考察をするという内容になる。

ポイントは2つ

  1. 水やガラスなどを光が経由する時に光が屈折される。

  2. 光が屈折するとき、光のスペクトルが赤は小さく屈折、紫は大きく屈折するので光が分解され虹が映る。

この2点に触れていれば正解である。


もちろんすぐに正解にはならなかったが、ネットで調べながら正解に導くように解説しながら進めた。

ということで今年の自由研究も終わりました。


最後に、実際に霧吹きで虹を作って遊んだり、一般的な虹は円の弧を描いているがネットを検索すると、真円状の虹の写真もあり、新たな不思議と実験への深さを感じてもらった。


最後に


かなり早めに、夏休みの宿題&面倒な自由研究が終わり、残りはドリル系の宿題を着手している娘であった。


しつこいがまだ夏休み前である。


学校の方針で自由研究は、夏休み前に提出しても良いそうです。

娘は7月8日にとっとと提出してしまった(早!先生も「まじか?」と驚いていたことだろう)。


このパターンで進むと、来年の自由研究のテーマは「光と時間」がテーマになりそうで、相対性理論とかに説明を求められるかもしれない。

私もさらに勉強をしないと、教えることができない領域に突入しそうである(りおさん。助けて!)


私が恥を書く前に、プログラミングの方に舵を切りたいです。



閲覧数:3回0件のコメント