!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

娘が欲しがった最初の誕生日プレゼントは?

更新日:6月17日


娘が物心が着いたのは幼稚園の時だったと思う。

誕生日というものも分かってきて、何かをもらえる日だと認識していたのだ。


娘の誕生日のプレゼント



「誕生日だけど、何が欲しい?」




「貯金箱が欲しい。」




「プリキュアじゃないの?」




娘:「ちがうよ。ハンズに売っていたのが欲しい。」




私:「じゃ今度ハンズにいったら教えてね。」




娘:「うん!」




という会話していた、数日後に娘の誕生日のプレゼントを買いに行ったのだ。


プレゼントを買いに来た

もちろん、おもちゃの可愛い貯金箱を想像していたので、粘土で作る貯金箱のキットのコーナーだと思っていた。


しかし、娘が私の手を引っ張るコーナーは違っているのである。


おもちゃのコーナーでもなく。


粘土キットのコーナーでもなく。


文房具のコーナーでもなく。


・・・・。


・・・・。


どこに連れて行くんだ?


そして娘が手を引っ張って連れて行った場所は、金庫が売られている防犯コーナーであった。


まじか?


で、娘が手にしたものは、「パパこれが欲しいの」と大きさこそ小さいが本物の金庫を手にしているのである。

誕生日のプレゼントとして、本物の金庫を欲しがる幼稚園児がいるものなのか?

と思ったが、普通に欲しがっているので、プレゼントとして買ったのだ。


で、会計の時にレジの女性スタッフの方と会話をした。



女性:「ご自分でご利用ですか?」




私 :「プレゼントなのでラッピングをお願いします。」




女性:「事務用の金庫ですが・・」





と、思いっきり不思議がられたのだ。


娘はその金庫を、今でも大事に使っている。


お小遣いを貰っても、ほとんど何も買わずにしっかり貯金をしている。


ある程度お金が溜まれば(5,000円くらい)、私に渡して銀行に貯金してと言って持って来るのだ。


無駄遣いしない性格になったのは金庫のおかげかもしれない。


今はiPhoneXは買えるくらい溜まっているのだ。


閲覧数:4回0件のコメント