!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

家族の絆はベッドで愛情いっぱいの「チュ」



はてなブログで「ママと子供の育児ブログ」を読むのが大好きだ。

娘が小さかった頃を思い出し、ほのぼのとしてくるからだ。

ママさんからしてみれば「死に物狂いの奮闘記」である。でも、記事を読むと私も含め皆さん親バカですよね。


「自分の子供はなぜ可愛いのか理由を考えた」(下記関連記事)


私は前々から「育児・子育て」グループに入りたいと考えている。

が、現在は育児も卒業して記事の内容も外れていることや、女性の中に入るのも恥ずかしいこともあり躊躇している。

チャンスやお誘いがあればぜひ入りたい。

「親バカ話」いや「ほのぼの話」を読んでほんわか感を楽しみたい(ちなみに動物話も歓迎)。


我が家の寝室事情

娘の成長とともに、我が家の寝室事情が変わって来たことを紹介したい(育児と全く関係がない)。


娘が生まれる前

  1. 洋室:私と妻(ベッド)

  2. 和室:空き部屋

娘が生まれる前の新婚時期は、夫婦でセミダブルのベッドで寝ていた。


娘の赤ちゃん時代

  1. 洋室:空き部屋

  2. 和室:娘(ベビーベッド)、私と妻(お布団)

娘が生まれて和室にベビーベッドを置き、何かあってもすぐ見れるように、和室にお布団を引いて親子3人で寝ていた。

娘はあまり夜泣きはしなかったが、背中にセンサーがついているかのように、ベッドに「寝かせると起きる」を繰り返していた。妻と15分交代で抱っこしてたっけ・・・。


娘の幼児時代

  1. 洋室:娘と妻 or 私(ベッド)

  2. 和室:娘の指名が取れなかった方(お布団)

娘が幼児期になり娘もベビーベッドは卒業しました。

寝室は洋室のベッドに戻り、娘と妻、たまに娘と私という感じで寝ていた。

私と寝る時は、ディズニーやスキーなど早起きが必要な時は、「パパと寝る」と誘ってくれてました。


娘の小学生時代

  1. 洋室:娘と妻(ベッド)

  2. 和室:私(お布団)

小学生時代に入り、「パパと寝る」と誘われたことは無くなりました。

さみしー!(当然なんでしょうね・・・・)


娘の中学生時代(新生活)

  1. 洋室:娘とぬいぐるみ(ベッド)

  2. 和室:私と妻(ベッド)

洋室のベッドを和室へ移動し、娘のベッドを新規購入し洋室へ。

そのまま洋室は娘の部屋となった。

ぬいぐるみに一緒に寝るための順番をつけて、ぬいぐるみと寝ている。

そして、10数年ぶりに普通の夫婦構成になった。


寝る時は必ず娘の様子を見ながら「お休みのチュ❤️」をしている(何歳までチュ❤️させてくれるのかな?)。

また、今は、妻と寝ているので、朝は妻に「おはようのチュ❤️」をして起こしてます。

しかし、妻は朝が弱くうるさいんでしょうね。

怒ってるようにしか見えない。

でもこのチュ❤️は家族の絆なので、本当に嫌がられるまで続けるつもりだ!

(頑張るぞ、おーー!)


閲覧数:3回0件のコメント