!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

絶対勝てる「しりとり必勝法」


若かりしころ、仕事中に国語辞典を見ていて、面白いことに気がついた。

辞書で言葉を探す時に使う、目次のような黒い幅(下の絵の矢印部分)を見て「しりとりの必勝法」を思いついた。

絶対勝てる「しりとり必勝法」は記憶力


しりとり必勝法(一番少ない頭文字)

辞典を確認すると「る」のページが最も少ない(もちろん「ん」が少ないが・・)。

これは何を言っているのかというと、日本語には「る」から始まる言葉が少ないことになる。


みなさんは「る」から始まる言葉を何個言えますか?

多くても5個ぐらいじゃないでしょうか?

ルーキー、ルジアナ、ルネサンス、ルパン3世、といったところでしょうか。

ということは「しりとり」の必勝法を考えると、自ずと答えが出てくる。

相手に「・・・・る」と返すのが必勝法となる。


これは面白いものを見つけた。


「・・・・る」の言葉

早速、必勝パターンを得るため「・・る」を探してみた。

ちなみに勝手なルールかもしれないが、しりとりで使用できる対象は「名詞」であるべきだと思っている。

  1. あ:アルコール、アイドル、アール

  2. い:イーグル、イコール

  3. う:ウール

  4. え:エクアドル

  5. お:オルゴール、オール

上記でも使っているが、大逆転の「ルール」があるので、出すときは言われる前に使った方が有利である。ちなみに「ルノアール」返しもあるので注意が必要だ。


昔は「あ・・る」〜「わ・・る」まで言えたのですが、いまは出てこないですね。

当時は真剣に調べ、全パターンを返せるようにしていたことがあります。


ルール確認とゲーム開始

一番困難ことは、友人に「ね、しりとりやろう」と、誘うのが一番ハードルが高い。

大人にもなって「しりとり」で誘うのは難しい。

幼稚園の子どもが、言葉を覚え始めたころに遊ぶゲームだからだ。


ほとんどの友人は引いてしまう。


と、いつつも誘いに乗ってくれる友人はいるわけだ!。


まず最初にルールの確認だ。

  1. 使えるのは名詞だけ。

  2. 人名はNG(知らない名前を言われたり、ルパン3世から始まりルパン100世と終わらない)。

  3. 名詞と名詞の組み合わせはNG。

ということでゲーム開始。

友人「しりとり」

刹那「リール」

友人「ルート」

刹那「トンネル」

友人「・・・・・」

 

大抵は1・2回で勝利できる。


このように「る・・・」で始まる言葉は本当に少ないので、誰でもしりとり名人になれます。


子供とのしりとり

小さなお子様と遊ぶときは、ルールの制約をなしにしましょう。

とくに名詞+名詞はとんでもない言葉が出てくるのでこれはこれで面白い。

娘 「しりとり」

刹那「リール」

 :「るすばんはこわい」

刹那「イーグル」

娘 「るん・るん、おどる」

刹那「ルーキー」

娘 「キリンのこども」

 

・・・・・終わりません。


閲覧数:0回0件のコメント