!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

詐欺犯罪の最大の天敵は「強烈な方言」だと思う



帰省で気がつく方言


今年の夏休みも岩手に、そして函館に帰省をした。

私が妻の実家に帰省しているとき、おじいちゃんとおばあちゃんの会話の方言が強い。でも妻は会話についていっているようだ。


逆もしかり、函館に行くとおばあちゃんが話をしてくるが、妻も何を行っているのかわからないだろう。

比較的函館は方言というよりはイントネーションが違うくらいですけどね。


娘に聞くと、どっちもどっちだそうで。岩手も函館も方言が強くて理解ができていないそうです。


帰省中の方言

函館のおばあちゃん(84歳)は娘とTIKTOKで遊んでいる。

遊んでいるというよりは、ほぼ強制的に踊りに付き合わされている(比較的に高い品質の動画に驚きだ)。

たまたま何か娘の近くにあるゴミが気になったのだろう。


おばあちゃん

そこのゴミをなげて




「へ!投げるの?」




えい!と・・・。おばあちゃんへゴミをなげていた。


そうなんです。同じ発音でも意味が違う方言があるんです。

北海道では「物を捨てる」ことを「物を投げる」という言い方をするんです。


そして、本当に「物を投げるとき」も「投げる」と言います。違いは前後の行間で理解する必要があります。


また、函館では会話の語尾に、「・・・・さ〜」と伸ばす方言?もある。

娘が方言に興味を持ったようです。


方言NO1

私が知っている方言NO1は、やはり青森ではないでしょうか。


二人のたわいのない会話を例で紹介します。

朝の道端で会ったときの二人の会話です。

男性

「どさ?」



女性

「ゆさ。」



男性

「こさ。け!」




ね!全然わからないでしょ?

  • 「どさ」:どこに行くの?

  • 「ゆさ」:お風呂に行く。

  • 「こさ」:こっちにきて

  • 「け」 :食べていけ

という意味です。

寒い地域ではできるだけ口を開けないようにするために、会話自体が短くなるように工夫をしているそうです。


一方通行のコミュニケーション

方言を使われる方も当たり前のようにTVをみて、全く違和感がないのだろうか?不思議である。

  • 標準語 → 方言:意味が普通に理解できる。

  • 標準語 ← 方言:意味がわからず会話は成り立たない。

まさに一方的なコミュニケーションで、方言が絶対的に有利である。

意味がわからないということは、「高セキュリティ」と言えるのでないだろうか?


セキュリティと利便性は相反する関係と言われている。

  • 高セキュリティは利便性が悪い。

  • 高利便性はセキュリティが悪い。

と言った具合である。

しかし、この方言(一方的なコミュニケーション)をうまく使えば、高セキュリティで高利便性が確保できるかもしれない。

進化した暗号技術で犯罪防止にも使えそうです。


最強の詐欺対策

先日詐欺に引っかからない県NO1はどこか?というTVで紹介をしていた。

「鹿児島県」が再議に合いにくいという内容でした。


もちろん理由は言わずとも、ご察しのことと思います。確かに南の方も方言の癖が強そうですからね。

ま、鹿児島県に限らず、方言は詐欺対策としては協力かもしれない。


詐欺犯とおばあちゃんと会話である。

男性の詐欺犯がやっと、おばあちゃんを騙してATMまで移動させたぞ。


詐欺

「それではお金をお振込いたしますので「振込」のボタンを押してください。」


女性

「どさ?(どこのボタンだって?)」



詐欺

「どさ? はい、迷わずに「どさっ」と押してください。」



女性

「どさっと押す?」

「こさ?(分からないからこっちにきてちょうだい)」


詐欺

「こさ?」・・・・・・・・。参りました。




そもそも詐欺は言葉たくみに相手を騙すところから始まるのだが、会話が成り立たなくなればお手上げだ。


函館のおばあちゃんの特別な方言

函館のおばあちゃんは、方言やイントネーションを考慮したとしても、何を言っているのかわからないときが多い。


私をはじめ、多分・・函館のおじいちゃんも・・。

理由は、目的語を使わず。さらに、脈略もなく、「あれ・これ・それ」という接続詞から会話が開始されているためです。


あれ?どこかで聞いたフレーズです。(妻も・・・?)


閲覧数:3回0件のコメント