!-- VISA Session Recording Code -->
 
  • 刹那

JKS(束になった女子高生)ほど怖いものはない


残暑が続いているが、カレンダー的には暑い夏もやっと終わりました。

先日の暑い日、電車の中での面白い出来事があった。


女子高生の恐ろしい生体


女子高生が4人で楽しそうに電車の中で会話をしていた。

電車の中はそれなり混んでいるが「ぎゅうぎゅう」でもない。


やがて電車は駅に止まり、電車のドアが開く。


沢山の乗客と共にひとりのおじさんが勢いよく、女子高生の一人を押し込むように乗ってきた。


その女子高生からみたら災難である。

混んでるわ、押されるわ、暑いわ、おじさんだわ、湿ってるは、怒りが沸騰したことであろう!


すかさず両手で押し返すように言い放ったのだ。


「やだ、このおじさん暑い!」


すると残った女子高生3人が、どのくらい暑いのか余程確認したかったのであろう。 ・

「どれ?」×3人


と、3人ともほぼ同時に躊躇することなく、おじさんを触って確認しているのだ。


さぞかしおじさんもびっくりしたであろう。おじさんの方が恥ずかしいそうであった。


女子高生も普通に女の子なので、へんなおじさんや痴漢が怖いのが当たり前であるが、複数人の女子高生は違う存在だ。


普通の乗客からみると、束になった女子高生の方がはるかに怖いのだ。


私の娘も近々こうなるのね・・・。


閲覧数:2回0件のコメント